新着情報

ホーム >新着情報

「SERI Monthly3月号」発刊のお知らせ

seri_mon_2019_03.jpg
【トップリーダー インタビュー】
株式会社 トーヨーアサノ 代表取締役社長 植松 泰右 氏

【特 集】
・2019年 日本経済の展望と世界の動向
 一般財団法人 日本総合研究所 会長 寺島 実郎 氏
・2019年の日本経済の展望
 株式会社 第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト 永濱 利廣 氏


【調 査 01】
全国有数の医薬品製造県・静岡

【調 査 02】
市場の拡大が期待される家事代行サービス業界

【特別リポート】
"平成"時代の経営環境を振り返る

【解説】
県内企業の2020年新卒の採用動向

【R e g u l a r 】
●羅針盤
 "道徳"と"経済"

●経営茶房"ふるさと静岡の輝く先人たち"
 最終回「持塚 弥吉」-飽くなき情熱で「焼津漁港築港」の夢を成就-

●神奈川県リポート
 お城巡りブームで観光の再生を狙う

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/03/01|

第61回 静岡県版「景気ウォッチャー調査」(2019年1月)

現状判断は悪化
景況の先行きも横ばいにとどまる
【現状判断】
県内景気の「現状判断指数(方向性)」は43.5ポイントと、前回10月調査(47.8)から△4.3ポイント低下し、景気の"横ばい"を示す指数「50」を3期連続で下回った。
家計消費関連では、暖冬の影響により小売関連で季節商材の売上が伸び悩んだ。
【先行き判断】
2-3カ月先の景況感を示す「先行き判断指数(方向性)」は50.7と、前回調査(52.2)から△1.5ポイント低下し、横ばいとなった。
家計消費関連では、年度替わりやゴールデンウイークに向けて個人消費が上向くことを期待するウォッチャーが多く、改善判断となった。
一方、事業所向けビジネス関連では、コスト上昇で利益拡大が見込めず悪化判断が続いた。雇用関連も米中貿易摩擦など外部環境の不透明さが製造業を中心とした求人数の減少につながっていくとの見方が強く、8期ぶりに悪化判断となった。
news_20190227_2.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/03/01|

「家計調査」分析に見る静岡市、浜松市の消費特性

◆静岡市は和食、浜松市は地場産業関連品目の支出に特徴
・都市別消費支出日本一の品目として、静岡市は、まぐろ、しらす干し、緑茶など和食関連の品目が多く、浜松市は、うなぎのかば焼き、男子用和服、自動車購入など、地場産業関連の品目が目立つ。

【食に関する嗜好の比較】
・静岡市、浜松市とも米の支出が多く、飲酒や外食は少ないなど堅実な食生活がうかがわれる。食関連は東西で嗜好の分かれる品目が多い中で、静岡市は東日本、浜松市は東海や西日本に近い嗜好を示す品目が多数あり、静岡県は、東西食文化の転換点、融合点となっているケースが目立つ。

【生活財、文化に関する支出の比較】
・静岡市、浜松市とも恵まれた気象条件により、冷暖房、光熱関連のコスト負担が少ない一方、屋外型のアクティブな消費行動に適している。被服や教養娯楽関連費目は、商品、サービス、情報の最大の供給源である首都圏で消費水準が高く、県内2市は控えめである。

◆静岡県の消費特性
・静岡県は、被服や教養娯楽に関しては、最大市場である首都圏の影響下になく、恵まれた気象条件もあり、活動的で実利的な消費を好む傾向がある。また、東西文化の中間に位置する本県は、豊富な食材の生産地であることを活かし、東西双方向に向けた「食文化」の情報発信が可能な立地条件であるといえる。
news_20190227_1.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/03/01|

「SERI Monthly2月号」発刊のお知らせ

seri_mon_2019_02.jpg
【トップリーダー インタビュー】
株式会社 平喜 代表取締役社長 戸塚 敦雄 氏

【特 集】
静岡県民の「教育観」を考える
-静岡県における「教育に関する保護者の意識アンケート調査」結果-

【調 査 01】
静岡県における外国人労働者の実態

【調 査 02】
経営基盤の再構築が求められるガソリンスタンド業界

【R e g u l a r 】
●羅針盤
 東西食文化の接点・静岡からの情報発信

●次代への扉を開く創造企業
 株式会社 サンファーマーズ

●変わる地域産業
 省エネ製品がけん引する県内の「空調・白物家電業界」

●わきあがれ!地域パワー
 "図柄入りナンバー"交付開始、「富士山」は5位と健闘

●経営茶房"ふるさと静岡の輝く先人たち"
 第9回「鳥居 信平」 ‐台湾の地中にダムを造り 荒地を農園に変える‐

●愛知県リポート
 注目が高まる「航空機整備市場」

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/02/06|

静岡県内主要産業の四半期見通し調査(2019年1-3月期)

海外情勢への懸念はあるが県内の業界景気は底堅く推移

(現況について)
民生用電器部品、情報サービスや人材派遣など国内の事業所向けサービスは順調を維持しているが、小売や観光・レジャーなどの対個人向けでは力強さを欠いており、総じて横ばい。

(今後の見通しについて)
春に向けて観光・レジャーの盛り上がりが期待され、自動車、住宅では消費増税に伴う駆け込み需要が見込まれるなど、総じて底堅く推移する見通し

なお、業種ごとの1-3月期の業界景気見通しは、主要20業種のうち「観光・レジャー」が『やや上昇』で、残る19業種が『横ばい』
『順調』が4業種、『普通』が11業種、『低調』が5業種となる見通し
news_20190128_2.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/01/29|

-保護者に対する教育に関する意識調査から- 調査「静岡県民の教育観」について

■ 文部科学省の「学習指導要領」が新たに改訂され、教育を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。こうした中、静岡県民の「教育に関する保護者の意識アンケート調査」を実施し、親の立場からみた子どもの教育への意識や教育観などを明らかにした。
■ 調査結果によると、約7割の親が子どもに大学以上の進学を期待しているが、大多数の親が、将来、子どもの教育費を負担できるかどうか不安を感じている。
■ 親の教育観を「教育熱心、安定志向」、「体験重視、グローバル志向」、「現実志向」、「自由放任志向」の4つに分類して分析したところ、大学(院)へ進学を期待する親は、「教育熱心、安定志向」「体験重視、グローバル志向」の割合が高まる傾向がみられた。
■ 将来、子どもに地元就職(Uターン就職)を希望する親は半数にとどまり、「東部地域」ではその割合が比較的低い。
news_20190128_1.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/01/29|

SERIサロンのご案内

以下のとおりSERIサロンを開催します。
詳細はsalon_20190214.pdfをご参照ください。

SERIサロン
2019年の経済を展望する

◆ 日 時 2019年 2月14日(木)16:00-18:30

◆ 会 場 アゴラ静岡7階 会議室(静岡市葵区追手町1-13)

◆ プログラム
 ・「内外経済の動向と金融市場の見通し」 当所 常務理事 中村 昭夫
 ・「静岡県経済の見通し」           当所 常務理事 大石 人士

 【交 流 会】講師を交えてフランクに情報交換(17:30-18:30)

◆ 料 金  参加無料

【 お問い合わせ先 】
SERIサロン担当 (TEL)054-250-8750

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/01/21|

「SERIマンスリー1月号」発刊のお知らせ

seri_mon_2019_01.jpg【新春インタビュー】
川勝 平太 静岡県知事に聞く

【年頭所感】
日本銀行 静岡支店長 竹内 淳 氏
静岡銀行  頭 取  柴田 久 氏

【新春対談 新たな時代の企業経営の視点】
「自らのビジョンを描き あくなき挑戦を」
静岡県経営者協会 会長 中西 勝則 氏
当研究所 理事長 一杉 逸朗

【静岡県経済への提言 2019】
新しい時代のスタート"気づき"から"行動"へ

【静岡県内の主要企業経営者が見通す「2019年」】
国内外に懸念材料、人材活用に注力し次代の成長へ

【静岡県主要21産業の回顧と展望】
消費増税による一時的な需要増減あるも
 県内産業景気は総じて緩やかに拡大する見込み

【亥年生まれの経営者 「今年の抱負」】
ビヨンズ(株)   代表取締役会長 後藤 孝 氏
(株)サンワNETS 代表取締役社長 水谷 欣志 氏
(株)赤阪鐵工所   代表取締役社長 赤阪 治恒 氏

【新春特別調査】
●主婦の消費動向アンケート調査
景況感は横ばい、消費増税後は節約志向強まる見込み

●2018年のヒット商品の特徴と2019年の動向
(株)富士経済 顧問 臼井 研二 氏


○新年のご挨拶
当研究所 理事長 一杉 逸朗

○亥年の動き

○2019年イベント&プロジェクト
 静岡県、神奈川県、愛知県

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2018/12/25|

「主婦の消費動向アンケート調査」結果

--景況感は横ばい消費増税後は節約志向が強まる見込み --
□最近の景気については、「とくに変わっていない」が80.3%と、景況感はおおむね横ばいの状況が続いており、生活満足度には頭打ち感がみられる。
一方、今後の家計支出を「引き締めたい」とする回答は引き続き半数を超えており、家計の引き締め傾向は今後も続く見通し。
□この1年間に"節約した費目"、今後"節約したい費目"としては、「外食費」、「毎日の食費」、「衣料品購入費」と回答する主婦が多く、食費を中心に日常生活の身近なところから出費を見直そうとしている。
□県内主婦の現在のキャッシュレス率は全体で40.7%。一方、"消費増税後、キャッシュレス決済の利用によりポイント還元が受けられる施策"に関連して、"買い物の仕方"を尋ねたところ、61.0%が「できるだけポイント還元の店で買うようにしたい」と回答。
□消費増税を控え、節約志向の強まりが懸念される一方、ラグビーW杯や東京オリンピック・パラリンピックといった世界的なイベントも控えており、景況感の高まりが期待される。
県内企業もこうした機運を逃すことなく、ネット購入やキャッシュレス化の広がりなど、消費行動の変化に適応した消費刺激策を打ち出していく必要がある。
news_20181221_3.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2018/12/25|

新春特集アンケート「静岡県内の主要企業経営者が見通す2019年」

--- 国内外に懸念材料、人材活用に注力し次代の成長へ ---

◆静岡県内の主要企業経営者に、2019 年の景気見通しについてアンケート調査を実施したところ、「(やや)良くなる」は 25.7%と、前回調査(43.9%)と比べて 18.2 ポイント減少。
◆多くの経営者が、米中貿易摩擦の激化をはじめとした海外情勢の混迷化と、それに伴う世界的な景気減速を懸念しており、国内では消費増税後の需要の落込みを注意している。
◆経営者の6割超が正規従業員の不足を見通す中、2019 年の経営課題としては、「人材の確保・育成」を挙げる経営者が突出して多い。
◆平成が終わり新元号に移行する節目となる 2019 年、県内企業には、次代の成長へとつなげる経営の舵取りが期待される。
news_20181221_2.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2018/12/25|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ